LOG IN

5/20木こりと白い犬

5/20、日曜日の「二匹のオオカミ」を観に来てくれた皆さん、本当にありがとう。 今回、「ユミチャラティ」ことユミちゃんと一緒にイベントを使ったけれど、彼女らしさと僕のイメージがうまく混じりあって、他にはない特別な世界を作れたと思う。ユミちゃんが得意なこと不得意なこと、僕が得意なこと不得意なこと。お互いにアイディアを出し合ってそれを本気でや

再起動

久しぶりに書いてるなあ。青森に帰ってきてから、たびたびやってくるSNS離れ。スマホすらポイっとして1人の世界に浸る毎日。ごめんなさいと思いつつも、ここで逃げなければ自分がグラグラと崩れていきそうな、そんな時が月一くらいでやってくる。 この窮屈な世界で逃げるということを肯定しなければ、それこそ自分で自分にトドメをさしてしまう人もいるだろう。

SUBLIME、二匹のオオカミ第四夜

僕が青森に戻ってきて、青森に根を生やし音楽をやってきて2年が過ぎた。 初めは、それはもう1からのスタートだった。仙台時代からツアーと銘打って弘前には歌いに帰ってきていたけれど、仲間もいたけれど、ほとんどの人達に知られていないという中でのスタートは楽しみもあれば相当な不安もあった。 今年の6月にはワンマンを決め、70人ソールドアウトを決意し、

最終日

ツアー三日目、最終日は仙台Junk Boxで幕を閉じた。 今はなくなってしまったPARK SQUAREでいつもお世話になっていたトムさんに声をかけて頂き、今はJunk Boxへ歌いに来ることが出来る。トムさん気にかけて頂いて本当にありがとうございます。 最後の夜も仙台時代を見届けてくれた皆さんが駆けつけてくれて、今の僕の音を届けられたことが嬉しいし、皆元気そうで話しも出

あるがままに

ツアー二日目。僕が仙台で活動していた頃、本当に心の支えになっていた特別な場所Cafe B.B.。それは勿論、現在進行形で。 語る言葉が見つからないくらい、お世話になって、音楽を通して、沢山の人と出会い、沢山のことを学んだ場所。 僕の音に寄り添っていつだって最高の音を引き出してくれる店長のジャムさん、いつも優しさと厳しさで僕の音楽を受け取ってくれる