LOG IN

ただいま唐巣堂

by 仲島 圭佑

久しぶりの宮城へのツアー、それは3日間という終わってみればあっという間の時間だったが、優しさや温かさに満ちていて、大げさではない圧倒的な愛を受け取った3日間だった。
大好きな人達に会いに行く、それがツアーの理由で、僕の生活の一部。

1日目は宮城県を南に下る。

大河原は唐巣堂。
ちなみに今回も高速道路は使わず、下道を車で駆け抜けた。どこか懐かしい知らない町を眺めながらハンドルを切っていく、ローカルなパチンコ屋、ラブホテルの看板に思わず笑ってしまう。僕にとっての旅は、そんな風景がいい。

僕が到着すると、お店にいらした皆さんが「おかえり」と温かく迎え入れてくれた。唐巣堂の義乃さん笠松さんは「いつでも帰ってきてね」と言ってくれる。そう僕にとってここは「行く場所」ではなく「帰る場所」。大河原のホーム、家族のような。
いつもカッコよくて優しいアニキやアネキに囲まれて僕は音楽にどっぷり浸かって、沢山話しをして、義乃さんの手料理を頂き、言葉にならない夜を過ごした。何度「おかえり」と言ってもらえただろう。その度に少し照れながら「ただいま」と返す僕。

共演のMS.Driverの松田さん佐藤さん、手塚さん、駆けつけてくれたシンさん、見届けてくれたお客さん方、そして唐巣堂の笠松さん義乃さんミヤザワさん松尾さん、
本当にありがとうございました。

また元気に帰ります。沢山の愛をいつもありがとうございます。

唐巣堂は大河原の川沿いにあって、春は桜がとても綺麗で人で溢れるんだって。いつか春に唐巣堂で歌いたいな。

義乃さん、ありがとう。

アニキたちに嬉しい言葉も沢山かけてもらったから、いつか返せるようにまだまだ踏ん張っていきます。


仲島 圭佑
OTHER SNAPS